Follow by Email

2012/05/25

letting go

ある夕暮れ時のこと。運転中、ラジオから懐かしい曲が流れてきました。♪Free, free, set them free♪ 軽快なメロディーに乗って踊り出す言葉たち。学生時代、Stingファンだった私は、Stingの曲をバックに、自分の世界にどっぶり浸かっていました(Sting以外にも色々聴いていましたが。)彼はもともと英語教師だったんですよね。彼の詞の世界は、とてもPoeticなので、言葉好きな私にとって彼は本当に「英語教師」でした。Artisticな彼は、昔からとてもPassionateな方だったらしく、教師時代には女子生徒に恋心を抱いたり、人妻だった現Sting婦人に恋をして求婚したりと(今も仲良し夫婦みたいですね)フツウの人がそんなことをしたらスキャンダラスなことなのに、Stingがやるとイメージ通りで、サマになると言うか、とにかく色んな意味で彼はフツウではないですね。

Set them freeは、誰かを自由にする、手放す、という意味があります。Themは、大切な人かもしれないし、大事なものかもしれない。Stingは、♪If you love somebody, set them free♪と歌い続けます。本当にその人のことを大切に思うのであれば、束縛しないで自由にさせてあげよう、というニュアンスですね。懐メロを聴きながら脳裏を過ぎったのが、相手を思う気持ちは確かに大事なことだけれど、自分のことはどうなんだろう?旦那さんや子供がいたり、職場の上司や同僚、クライアントだったり、常に誰かのために何かをしている自分は、自分のことを大切にしているのだろうか?なんて、ふとした瞬間、Deep Thoughtsに浸ってしまうことはありませんか?この時のわたしは、浸っていましたね~。If I love myself, set me free. なんて勝手に口が動いていましたから!

さて、ブログタイトルのLetting goですが、これはSetting somebody/something freeと同じ意味があります。例えば、気心知れた友人同士の会話のエンディングで、どちらかが話を切り上げたいとき、Let me goと言う事があります。直訳すると、わたしを解放して、ですが、この場合、もう切るよ的なニュアンスを含みます。Let me let you goという表現もあり、これは、遠回しの言い方で、本当は自分が話を切りたい、でも、わたしにあなたを解放させて、と相手を思いやる言い方です。I'll let you goの表現もあり、これはどちらにも使えますが、相手に、引き止めて悪かった(長いこと束縛して)、もう自由の身だよ的なニュアンスがあります。ですが、一方的に弾丸トークして、散々喋りまくったあとにI'll let you goと言ってしまうと、Bossy(人使いが荒い)またはSelfish(自分勝手)な印象を与えてしまうので、気をつけた方がいいかもしれないですね!

某サイトに、下記のInspirational Quoteを見つけました。

When I let go of what I am (自分を手放す時)I become what I might be (なれるかもしれない自分になる。)When I let go of what I have (自分が持っているものを手放すとき)I receive what I need (自分に必要なものが与えられる。)

なんだか哲学的な内容になってしまいましたね!
それでは、この辺で、let me let you go! 笑

0 件のコメント:

コメントを投稿