Follow by Email

2014/09/23

everybody's fine


How are you? と聞かれ、本当はそうでもないけれど、Goodと答えたり、

Are you happy?と聞かれ、一瞬迷いながらもYeahと返したり。

Positive思考はとても良いことだけれど、人として生きている以上、時には

本音を語りたい、本心を知って欲しい、と思うことは誰にでもあるのでは???

* * *

”Everybody's Fine”(Everybody is fine)は、親子関係の物語。

Robert De Niro氏演じる、妻を病気で亡くし一人暮らしする父親。

それまで妻に子供達を任せきりだった父親だったのだが、亡き妻の代わりに父親である自分が

子供達を見守らなくては、と思い始めていた。

大人になった子供達4人は、それぞれ自立し、各々の道を歩んでいた。

完璧を求める父親に育てられた4人は、一見Everything is fine(全て良し)のような

生活を送っているかのように見えた。

少なくとも、父親はそう思い込んでいた。

仕事で忙しくしていた父親は、子供達の心のケアを妻任せにし、子供達の心の叫び、

実態を知らずにいたのだった。

父親を失望させたくないあまりに、子供達も父親の前ではEverything is fineを演じていた。

その年のThanksgiving、離れて暮らす子供達が実家に全員集まる予定だったのだが、

「都合が悪くなった」と相次いで連絡があり、結局、キャンセルに。

直感的に「何かあるのでは?」と感じ、子供達それぞれの元にサプライズで会いに行くことに。

持病もちの父親は、ドクターストップがあるにも関わらず、処方箋と子供達への手紙4通を

小さなスーツケースにに入れ、子供達が居る場所へと向かった。

* * *

長男、長女、次男、次女。

先ず向かったのは、アーティストの長男が住むニューヨークのアパート。

ドアを何度叩いても返事がなく、人の気配すらない。

外で一晩待ち、翌朝も行ってみたのだが、結局長男には会えなかった。

仕方なく、長男宛の手紙をドアの下からスライドさせ、

次の行く先(長女)へと向かった。

容姿も美しく聡明な長女は、広告会社のエグゼクティブとして活躍し、立派な家にも住んでいる。

一人息子にも恵まれ、夫婦生活も円満なように見えるのだが、何かがおかしい。

孫息子の父親に対する態度も冷たく、長女の振舞も不自然だ。

違和感を覚えながらも、翌朝、次の目的地(次男)へと向かう。

実は、持病を持つ父親には外出ましてや遠出などする時間があまりなかったのだ。

掛かりつけの医師には処方箋を服用すれば数日間は何とか大丈夫だろうと言われていた。

次男の夢は世界的に有名な指揮者になることだった。それが実現したと思い込んでいた父親。

だが、実際に次男を尋ねてみると、確かにオーケストラの一員ではあるのだが、

指揮者ではなく、目立たない役どころ。

最後は、末っ子の次女。ラスベガスのショーガールとして主役を演じる大スター、

のはずだった。父親のために、Stratosphere(360度回転する有名レストラン)で

ディナーの予約を取ったと言っていたのだが、

ある女友達に「子供を預かってほしい」と、急に赤ん坊のベビーシッターを頼まれることに。

空港まで見送った次女に「幸せか?」と尋ねる父親。「幸せよ」と笑顔で返す次女。

父親の後ろ姿を見つめる次女。父親の前で見せた笑顔は消えていた。

* * *

父親は、心の奥で感付いていた。3人とも様子がおかしい。何かが違う。

「長男はどこなんだ?」「3人とも何を隠しているんだ?」

* * *

長女、次男、次女の3人は、父親にある重大なことを隠していたのだった。

長男の居場所。長男に何が起こったのか。

幼いころから心配ばかり掛けていた長男のDavid。

飛行機が苦手な父親は、パニックを起こしてしまい、心臓発作で倒れてしまう。

子供達が夢の中に出てくる。

家の庭にあるピクニックテーブルに父親を囲んで座っている幼き頃の子供達。

夢の中にいる子供達との対話から、「真実」を知った父親。

薄々気づいていた事が、「現実」となって浮き彫りになる。



夢から覚めた父親の目の前には、心配そうに見守る長女の姿があった。

すぐに、次男と次女が病室に入って来る。

「Davidは?」と尋ねる父親。

「まだゆっくり休んでなくちゃ」と必死に説得しようとする3人の子供達。

「お前たちが隠し事をしているのはわかっている。良いことも悪いことも、全部教えて欲しい。」

父親の心の叫びを聞き、

これ以上、隠し続けることはできない、真実を打ち明けることを決心するのだった…

* * *

画家のDavidが父親のために描いた象徴的な作品。
* * *

父親の思い。

子供達の思い。

それぞれの思い。

相手を思いやる気持ちがあるからこそ、本当のことを伝えられないことがある。

本当のことを伝えることで、相手を思いやる気持ちに変わることもある。

思いが通じた時、真の愛情が育まれ、絆が深まって行く…

そして、その瞬間に、Everybody's Fine!!!





























2014/09/15

you are not alone



多くの人々が、このメッセージを受け取ることを必死に必要としている。

わたしもあなたと同じくらい感じ、同じくらい思っている、と言う事を…

あなたは孤独(ひとり)ではない。

*** *** ***

これまで「死」というものを意識したことはあるけれど、その時まで「死」と隣り合わせに身近に感じたことはなかった。突然のリアルな出来事に不安と恐怖感に包まれ震えたのは初めてのことだった。それ以上に、ひとりでは生きていけないこと、周りに支えられ生かされているという真実を身に染みて感じた。

今まで人に頼らずに自分で何とかしなくては、と必要以上に気を使い、無理をしていたのかもしれない。けれども、それは大きな間違いであり、とんでもない勘違いであることに気付かされた。

ひとりでは生きていけない。身近な人達が勇気と元気を与えてくれた。優しい思いやりの言葉であったり、愛情あふれる厳しさであったり、様々な形で、自分のことを想ってくれる人達が、惜しみなく手を差し伸べてくれた。わたしの「心」を救ってくれた。

ありがとう。

ありがとう。

ありがとう。

自分の「体」にも感謝。ここまでして、わたしに一番大事なことを気付かせてくれたことに深謝。マインドとボディーは、実に一心同体。「真」の意味がようやくわかったような気がする。

ありがとう。

ありがとう。

ありがとう。

人はいつしか同じ「道」へと辿り着く。同じだけ時間が過ぎて行くのなら、笑顔で過ごすことを選びたい。いつか、その「時」が来るまでは。だから、信じていたい。「今」が一番幸せなのだということを。わたしはひとりではないのだから。

















2014/05/11

everything happens for a reason


Every thing in life happens for a reason

Even when you feel defeated, do not let it destroy you

Do not let the power overpower you

Do not run away from it but run to it

Slowly and steadily...walk though

Face the fear, accept the reality, but never let yourself be reduced

Allow yourself a breathing space

Let yourself be guided toward a place where you can stay true

So your wounded soul may heal

Embrace your vulnerable inner child

Let go of your voices from within...free your ego

Difficult though it may seem...painful though it may feel at first

Believe that every thing happens for a reason...for the better

The sun will always rise...the sun will always shine

Be grateful for those and to those around you

They are the rain that grows your seeds of soul

They are the sun that gives warmth to your sense of self

Every thing happens for a reason

And you will rise again

Every thing happens for a reason

So you will soar high above





























2014/04/27

thoughts vs. feelings


Thoughts prevail feelings.

What we think affects how we feel.

How we feel reflects what we think.

"I think; therefore, I am."

Think happy.

Feel happy.

Be happy.









2014/03/14

mirror mirror

"Mirror Mirror on the wall, who is the fairest them of all?"


鏡よ、鏡。この世で一番美しいのは誰?

~Snow White and the Seven Dwarfs(白雪姫と七人の小人達)~


Mirror Mirrorというタイトルの本をご紹介します。

世界的に有名な童話がテーマのポエムコレクション。

一見、フツウのポエム。

上から下に読むバージョンと

下から上に読むバージョンで

構成されている、言葉のミラーイメージ。

使用されている言葉は全く同じ。

なのに、あららら不思議!

句読点の置き方を多少変えてあるだけで

全く逆の意味を持つポエムに早変わり。

大学時代に、演劇のクラスを受講したことがありました。

今でもよく思い出すのが、全く同じ台詞でも

声のトーンやイントネーションを変えるだけで

聞き手に全く別の印象を与えるということ。

登場人物の立場が入れ替わってしまうことさえも。

言葉の伝え方。

実にパワフルです。









2014/02/16

44 selfies

毎年2月の第3月曜日は、Presidents' Day(大統領の日。)詳しいことは大幅にカットしますが(笑)、アメリカの父とも言われる初代大統領ジョージ・ワシントンのお誕生日が同月22日、南北戦争で奴隷解放宣言をしたことで有名な16代目大統領アブラハム・リンカーンのお誕生日が12日というのが主な背景です。近年では、歴代大統領全44名を含めてPresidents' Dayと称されることもあるようです。

今回は、デジタル文化ならではのユニークな発想のセルフィー(自撮り)をシェアしたいと思います。とあるアメリカ人のティーンエージボーイが、オバマ大統領を含む44人のアメリカ歴代大統領のモノマネメイクをしたセルフィーコレクション。其々の個性や特徴をよく捉えています。なかなか面白いアイディアですが、どれだけの時間を掛けたのでしょうね?!What do you think?










2014/02/02

six more weeks

毎年2月2日はGroundhog Dayと言われる『春の到来』を予測するお天気占いの(ような)行事を北米各地にて催されます。Groundhogは、リス科のモルモット系とも言われる一見モグラのような小動物で、別名Woodchuckとしても知られています。

巣穴(実際は、動物園で飼育されています)から出てきたGroundhogが、自分の影を見たら「冬はあと6週間続く」、影を見なければ「春は間近」という予測がなされます。つまり、2月2日が晴れの日であれば、影を見る確率がアップするので「冬が長引く」ことになり、曇りまたは悪天候であれば、影を見る確率が下がるので「春が近い」ということになります。影を見ると何故冬が長引くのか。冬眠から目覚めたGroundhogが巣穴を出て自分の影を見て驚き、巣穴に逃げ帰る=春はまだ来ないから冬眠を続ける、ということらしいです(笑)

古代ヨーロッパから始まり、キリスト教のキャンドルマス(ロウソクに灯をともして春の訪れをお祝いする儀式)にも深い関係があるようです。ヨーロッパ、特にドイツでは、GroundhogではなくHedgehog(ハリネズミ)が主役を務めていたそうです。北米ではHedgehogが生息しないことから、同じ小動物であり冬眠仲間のGroundhogが抜擢されたそうです(笑)

今では、北米各地にご当地キャラ的存在の予言者に扮したGroundhogがいるのですが、最も有名なGroundhogは、Groundhog Dayの発祥地であるペンシルバニア州パンクサトーニーに住む元祖予言者のPhil君(↓)です。


毎年2月2日の午前7時半に、数十万人の観衆・報道陣の前でPhil君の予測が正式発表され、テレビや新聞などで報道されます(Phil君以外のGroundhogの予測も含めて。)

そして、今年は・・・Phil君は自分の影を見てしまったそうで、Six more weeks of winter(冬があと6週間続く)の予測でした。「カメラの照明が影を作ったのではないか!?」と春を待ち望む一部の人達からはブーイングがあったようですが(笑) この日、オバマ大統領はTweetで「Philによると冬が長引くそうだから、保険加入(オバマケア)するのを忘れないように!」とつぶやいたそうです。予言の信憑性はハテナマークではありますが、ユーモラスな行事であることは確かですね(笑) 


こちらのビデオもご覧下さい↓


 
 



2014/01/26

play ball

Take me out to the ball game! Ball gameは野球のこと。Take me out=私を連れて行って。私を野球に連れて行って。

野球と言えば、マー君!マー君がめでたくNYヤンキースに入団!母方の実家が仙台とうこともあり、勝手に遠い親戚の様な親近感を抱いておりマス。マー君のメジャー入りと同時期に見付けたのが、こちらの絵本("Take Me Out to the Yakyu")。日米比較文化を日米共通点である「野球」をテーマに描写しています。主人公の男の子がアメリカに住むアメリカ人のおじいちゃんと日本に住む日本人のおじいちゃん其々にそれぞれの国でBall game=野球、に連れて行ってもらい、その中で体験する日米異文化を子供視点で物語っています。


例えば、応援の仕方に表れる日米の違い。

アメリカ:Win! Win! Win!(勝て~!勝つんだ~!勝つぞ~!)

日本:Do your best!(ベストを尽くせ~!頑張れ~!)

結果重視のアメリカ。

プロセス重視の日本。

どちらがどうというのではなく、どちらもそれぞれのやり方で一生懸命に応援しているんですよね。



慣れ親しんだ環境を離れ、異文化で暮らす人として、マー君も多かれ少なかれカルチャーショックのローラーコースターを経験されると思います。今まで、野球にも野球選手にも特別な思い入れはなかった私でありますが(大きな声では言えませんけどね)、マー君を応援させて頂きますよ~!






2014/01/03

snow day

新年初の大雪。今日は会社も学校もSnow Day=雪の日(お休み)に。冬休みが増えて得した気分です。粉雪なので、雪掻き作業は比較的楽かも。私も半分くらい頑張りましたよ~。明日は足腰筋肉痛(笑) 夫と長男は残り半分を頑張ってくれています。

さて、2014年初ブログは雪の日にちなんだ『Superstition=迷信』について触れたいと思います。昨日、学校からの帰り道、次男坊は興奮状態で「ママ!今日の夜、寝るときにパジャマを裏返しに着て寝ないと!あと、スプーンを凍らせて、トイレに氷を入れてフラッシュしないと!」頭の中の言葉が順番を競い合いながらのウルトラ弾丸トーク。はいはい。「ママ!ちゃんと聞いてるの?!」はいはい。ん?どこかで聞いたことのある台詞。。。

こちらでは、雪の日=休校になるようにと思いを込めて、前夜に子供達がちょっとしたおまじない的な儀式をするのです(地域によってバリエーションがあり、雪の降らない地域ではあまり知られていないようです。)

例えば・・・
  • Wear your pajamas inside out.パジャマを裏返しに着る。
  • Place an ice cube in the toilet and flush it.氷を便器に入れて流す。
  • Put a spoon in the freezer.スプーンを冷凍庫に入れて冷やす。
  • Sleep with a spoon under your pillow.スプーンを枕の下に置いて寝る。
  • Eat ice cream for dinner.夕食にアイスクリームを食べる。
  • Do a snow dance.スノーダンスをする。できれば前庭でパジャマを裏返しに着たままダンスをするのが効果的だとか。

冷凍庫を開けて雪がテーマのスノーソングを歌う人もいるそうですよ。次の大雪予報の際は(?)Snow Day Superstitionsを試してみて下さいネ~(春夏待ち遠しい、と密かに思う私であります。)