Follow by Email

2012/10/07

fit for a queen

久し振りにGarden State Plazaモールに行って来ました。たまには一人でのんびりMall Walkingもいいですね。子供達の迎えの時間までブラブラしていましたが、手にとって見ては戻しての繰り返しで、結局なにも買わずに終わりました。でも、ノリのいいBGMを聞きながら、いい気分転換になりました♪ たまには、いつもの行動範囲外に出て見ることも必要ですね。

今回のブログタイトルにQueenを入れてみましたが、元々はFit for a kingというイディオムから来ています。例えば、王様に相応しい高価なもの(高額な宝石)や上級なおもてなし(五つ星レストランでのお食事)など、王様・女王様に見合うものを形容するフレーズとして使われます。政界では、こんなエピソードもありました。London Olympicsでのこと。ファッションリーダー的存在でもあるアメリカ大統領夫人First LadyのMichelle Obamaさんが、英国のElizabeth女王と会合する際に着ていたドレスがちょっとカジュアルじゃないか?と批判されたことがありました。ですが、次の会合では、見事マスコミを大人しくさせることに成功。米国の某新聞の見出しには、"Michelle Obama's Designer Jacket: Fit for a Queen?" とありました。ハテナマークは、$6800の高級ブランドに身を包むFirst Ladyを皮肉っているのでしょう。批判的な内容の記事ではなかったのですが、金額については、『ホワイトハウスはコメントを控えている』と締め括っていました。素直に美しいものは美しい、では済まされないのが政治ですね~。

こちらがFit for a Queen?のジャケット。 

さて、現実に戻って、今回の数ヶ月振りのモール旅(?!)で出会ったQueenに関するエピソードをシェアしたいと思います♪

最近はどこのモールに行ってもモデルスカウトをしている人達を見掛けます。丁度その場を通りかかったとき、すぐ横で"You look like a queen!"(まるで女王様のよう!)と聞こえ、声の方を振り返ると、アジア系の母娘らしきペアが仲良さそうに腕組していました。娘さんは、お母さんの頭一個分の長身で、確かにQueenという言葉が相応しい美しい方。娘さんは恥かしそうに手を横に振り断り、その場を去って行きました。すぐそこにいた私には・・・もちろん見向きもしませんでした!

喉が渇いていたので、これまた超久々にJamba Juiceを飲みました。栄養不足な割りにはしっかりメタボな私ですが、季節の変わり目なので免疫力をつけなければと思い、ビタミンCとAnti-oxidantがたっぷり入ったジュースをオーダーすることに。一見、どこにでもいそうな大柄な女性の店員さんだと思いきや、話してみてわかったのが、彼女は実は「彼」だったということ。声が男性にしか出せないディープな声で、彼女のネームタグには"Eve the Queen"と書いてありました。最初は、ニックネームなのかな?と思いましたが、他の店員さんの名札をちらっと見ると、皆さんフツウのお名前。つい最近、テレビで性転換をした人の体験談を拝見したばかりだったので、ジュースが出来るのを待ちながら思い出していました。Queen的な存在感のあるQueen-sizeのEveさんは、とても新鮮でQueenのように輝いていました。

Sephoraに入った時のこと。物色中に、"Are you finding everything OK?"と、お決まりの声掛けをしてくれたのが若い男性の店員さん。Abercrombieのポスターに出ていてもいいくらいのハンサムな方で、一瞬ドキッとしてしまいました~。"I'm OK for now. Thank you."と、緊張のあまりにこれまたお決まりの返事をし、店員さんはニコリと笑って去って行きました。その数十分後、まだブラブラしていた私に"Are you still OK finding things?" と無邪気な笑顔で再度声を掛けてくれたときには、I felt like a queen(女王様になったような気分)でしたよ♪ こんなおばさんに二回も聞いてくれてありがとう!(でも何も買わなくてごめんね。)

駐車場に向かう途中、またモデルスカウトをしている場所を通りました。もちろん、全く声は掛かりませんでした~。わたしも同じアジア人女性なんだけど~笑 

I don't look like a queenでもI can feel and think like a queen(女王様のように考え・感じることはできる)!一瞬でもそんな風に思わせてくれたモール旅での出逢いに感謝です♪

Future Queenのケイト公爵夫人。
 

















0 件のコメント:

コメントを投稿