Follow by Email

2012/10/28

blackout


Blackout=停電。殆どの方は、一度や二度経験されているのではないでしょうか?数秒・数分・数時間なら未だしも、数日間続くと心身ともにダメージを受けますよね~。便利さに慣れてしまうと、普段どれだけ贅沢をしているのかを思い知らされます。FrankenstormやらMonster Stormやらと騒がれているHurricane Sandy。明日の今頃は、どうなっているのでしょう?Sandyさんからの被害が最小限に留まることを願うばかりです☆

今回は、↑のBlackoutという絵本をご紹介したいと思います。実際に、Blackoutを設定にした心温まるストーリー。停電前は、家族全員別々に時間を過ごすことに慣れてしまったNYブルックリンに住むファミリー。停電が起きた瞬間から復旧するまでの間、どんな風に時間を過ごすのでしょう。いつもは忙しいお父さんもお母さんも子供達と一緒にボードゲームをしたり、会話を楽しんだり。停電で不便なことの方が多いはずなのに、何故だか愉快な気分になれる。停電になったおかげで、離れていた心の距離が縮まる。デジタル文化に生きる人々が忘れかけている有意義な時間の過ごし方、空気のような存在になりがちな家族の温かさ、普段は挨拶程度の周りの人々の優しさを、停電というハプニングが気付かせてくれます。大切な何かを再発見できるチャンスかも!?そう思うことができれば、Blackoutの見方や過ごし方も良い方向へ変わって行くかもしれません^^楽観視し過ぎ?!


物語の一場面。実在するブルックリンのストリート風景。

作者ジョン・ロッコ氏による解説。
デジタル社会である今だからこそ、時には立ち止まり、ありのままで居る事も大切なのでは?

0 件のコメント:

コメントを投稿