Follow by Email

2012/04/29

the kissing hand

最近、気付いたこと。Magic Word『魔法の言葉』は、本当に効きますね。心の奥底ではわかっていることでも、日々実行できないことが多い。でも、意識を変えて、意識的にMagic wordsを言うこと・伝えることで、自分の気持ちも相手の気持ちも大きく変わるんですね。わたしは次男坊を通して実感しました。

忙しい朝は、特に苛々してしまうことがよくあります。そんなとき、私の口調も必要以上に厳しくなっている。次男坊は、そんな私の言動や態度を一早く察知します。私の心の中を全て映し出すかのように、彼の態度はまるでMirror imageです。Kindergartenの子達は、保護者が校門まで引率しますが、そこから先なかなか進まず、わたしが背を向けると追いかけて来ることもありました。連日続くと、さすがにわたしまで半べそです。

そこで、実践したのが、やたらと褒める作戦!毎朝、とにかく褒めることにしました。安心するのか、嬉しいのか、次男坊は気持ちよく元気良く学校へ行ってくれるようになりました。そして、魔法の言葉と一緒に、魔法のおまじないをします。私の母がよく言っていたこともあり、自分自身のMagic wordでもあります。だいじょうぶ!自分自身にも言い聞かせて・・・。

The Kissing Handという絵本をご存知でしょうか?主人公のアライグマの子が、森の学校に初めて行くという設定。はじめてのことばかりで胸の中は不安で一杯!そこで、お母さんが、その子の掌にキスをします。だいじょうぶだよ!とおまじないをするのです。次の夜(あらいぐまは、夜行動物なので)初めて学校に行ったアライグマの子は、ドキドキしながらも、お母さんにもらったキスのおまじないを大事に握り締めて、大きな試練を乗り越えられたのです!この絵本は、アメリカではクラシックです。Pre-schoolやKindergarten、初めて学校に行く子供や学校行きたくないなぁと思うときに勇気がもらえるお勧めの読み聞かせ絵本。大人が読んでも元気がもらえます。

Don't worry! You will be OK! We will be OK!
和訳版



0 件のコメント:

コメントを投稿