Follow by Email

2013/09/23

stay unfair


2014年のMiss Americaに選ばれたのは、初のインド系アメリカ人Nina Davuluriさん。勿論、アメリカ生まれ育ち(NY州代表。)ところが・・・ 彼女がMiss Americaの栄光を得た瞬間、祝福の声援以上に鳴り響き大騒動を起こしたのが心無い視聴者からの人種差別コメントでした。彼女を侮辱する憎悪一色の槍投げ。表面的には多種多様文化を象徴するアメリカに根深く根強く混在する人種差別マインドが浮き彫りになったのです。「彼女は真のアメリカ人ではない!」「ミスアメリカだって?ミスセブンイレブンでしょう?!」(セブンイレブンを経営するインド系アメリカ人が多数いることから。)インド系アメリカンとして教育を受け、ヒンズー教のバックグラウンドを持つ彼女を、中近東出身のイスラム教徒と勝手に思い込み、「テロリストがミスアメリカに選ばれた」と非情な言葉の暴力を振るう視野狭き心貧しい人々。無知は罪なり。60年前まで、ビューティーコンテストの応募資格が白人アメリカ人女性限定だったことを考えると、頷けますね…。

日本や韓国では美白こそが究極の美と絶え間なく追求され続けていますが、同じアジアの国インドでも、同じようにFair Skin(色白肌)がもてはやされているそうです。Ninaさんの肌色は「濃過ぎてインドのビューティーコンテストでも通用しない」とインド国内でも一部批判の声が上がったくらい。

↑の写真は、Dark is Beautiful(ダーク=色黒は美しい)というキャンペーン用ポスター。肌の色が比較的濃い系のインド人女性にStay UNfairと呼び掛けています。Fairには二重の意味があり、①Fair Skin(色白肌)のように、色素を意味するFairと、②Fair(公平、フェア)やり方やあり方についての意味を持つFair。そして、↑のポスターは、二重の意味を持つFairという言葉をパワフルに使うことで、真の美について問い掛けています。「Fair skinが美の定義であるなんて、そんなUnfair(不公平)なことはない!だから、Unfairでいよう!ありのままの姿=Beautifulでいよう!」と、こんな感じです。

“Stay Unfair! Stay Beautiful!”


New York州代表として2014年Miss Americaに
選ばれたNinaさん。

そもそも、Beauty Pageant(ビューティーコンテスト)自体が、ビューティーコンテストのスタンダードから外れる全女性に対する侮辱であり差別的行為との見解もあります。ふむふむ、これにも頷けます。そうそう、Beauty Pageantには知名度以外に多額な奨学金と社会へ貢献する機会が与えらえるので、それを狙って応募する女性も少ないそうですよ。

個人的には、Normal is relative(ノーマルは相対的)であり、Reality is subjective(現実は主観的)なのではないかと思います。Beauty is in the eye of the beholder(あばたもえくぼ)笑

人種差別する人は何を恐れているのでしょうね。表面的にはリベラルに見られがちなアメリカですが、実は超保守的な人が多いのもアメリカなのです。カリフォルニアのようにいわゆるマジョリティーが少数化している「外国的」な州が「浮いている」と言われる理由もここにあるです。


大きなひとり言にお付き合い頂き、ありがとうございます!















0 件のコメント:

コメントを投稿