Follow by Email

2012/06/13

the places you'll go

何かと忙しい年度末ですね。お引越しする人、お見送りする人、一時帰国準備中の人、長い夏休みをどう乗り切るかお悩み中の人。人生色々ですが、どうせなら人生バラ色に染めたいものです!さて、夏休みと言えばVacation、ご家族やお友達と旅行の計画を立てている人もいることでしょう。今年はどんなAdventureが待ち受けているのでしょう?

夏休み前の6月は、Graduation(卒業)シーズンでもあります。ちなみに、大学生以上は5月、以下は6月にあります。Graduationは、人生の大きなMilestone(節目)でもありますね。Congratulations to all graduates(ご卒業される皆さま、おめでとうございます)!

前回の記事に続いて、今回も本の紹介をしたいと思います。Graduationの定番本で、人生哲学書としても有名です。作者が児童向け作家としての知名度が高いせいか、児童向けの本と思われがちですが、年代を超える十人十色の読者に愛され続けています。Graduation giftとしてもポピュラーです。一作目は、Phonicsの代表的教材としても有名なDr.Seuss作の"Oh, the Places You'll Go!" こちらは、Dr.Seussが亡くなられる1年前に発行された本で、何度読んでも感慨深いものがあります。タイトルには、この先進む道・歩むであろう人生の旅という意味があります。二作目は、Curious Georgeシリーズの"Curious You On Your Way"。読み易く、子供に読み聞かせをしながら自分にも言い聞かせてしまう奥深い内容です。 

そして、本ではありませんが、もう一つおすすめなのが、iPhoneや iPadなどデジタル文化を大きく変革したApple商品の生みの親・故Steve Jobs氏が2005年Stanford大学卒業式で卒業生へ贈った言葉。このとき、既に不治の病の告知を受け治療中だったJobsさん。彼のスピーチも世代を超えて語り継がれるであろう名作です。↓は、その一部です。Jobsさんらしさが凝縮されいてるWords of Wisdomだと思いませんか?

"...you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something — your gut, destiny, life, karma, whatever. This approach has never let me down, and it has made all the difference in my life." 【意訳】前を向いて点と点を繋ぎ合わせることはできない。後ろ向きで、点と点を繫ぎ合わせることしかできないのだ。だからこそ、どうにかして点と点が自分の未来へつながるだろうと信じなくてはならない。何かを信じなくてはならない-自分の直感、運命、人生、カルマ、なんでもいいからとにかく信じなくてはならない。この方法が自分を失望させたことは一度もなく、むしろ、私の人生全てを変えたのだ。

スピーチ全文にご興味ある方は、こちらをご覧下さい!





この夏、the places you'll goで、どんな発見・気付きがあるのでしょう?Whatever you do, wherever you go, stay cool and be happy!  Let's live in the moment & laugh like there is no tomorrow! 今しかない素敵な夏をお過ごし下さい♪

0 件のコメント:

コメントを投稿