Follow by Email

2013/08/25

subjective reality

Subjective=主観的。Reality=現実。現実は、全て自分の中に想像/創造する幻覚だという見方があります。自分からみたリアリティは、他人からみたリアリティと異なる。見ている角度が違うだけで、捉え方や感じ方も違ってくる。生まれ持った性質、生まれ育った環境(国・文化)、人生経験など、Realityの形や色に影響を与える要因は様々であり、人それぞれですね。

↓は、今から90年以上前にスイス人臨床心理学者Rorschachさんが生み出したRorschach Test(ロールシャッハテスト)、心理状態を分析するために使用されるテストです。因みに、インクのしみを使用していることからInkblot Testとしても知られています。全く同じ色と形をしたインクのシルエットでも、人によって見方や解釈の仕方は様々。テストの信頼度は賛否両論あるようですが、RealityはSubjectiveであることは確かなようですね!

英語表現にも、様々な解釈や色々な見方があることを「Rorshach的」と形容して使うことがあります。例えば、Oprah Winfreyさんが着用されているこちらのドレスのパターン。It's very Rorshach. What does it look like to you? と、こんな感じに使われます!



エンターテイメント性のある心理テストとして見ると面白いのでは?さて、何に見えますか?



無彩・色彩を合わせた10枚組のRorschachカード。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿